別院紹介


沿 革


 今は昔。広い十勝平野の中央に、数多の川の集う処。
北へ流れる開拓の人々が、将来、豊沃な農産物を容易に得られる点として、夢を託した帯広が―無限の夢を孕み、蝟集する人を受け入れて居た時代。

浄土真宗布教の第一歩、明治28年から9年の後、雨露を凌ぐ陋屋は、寒暖の差も厳しく、自然との斗いに、ともすれば荒び勝ちな人の心に、尾雪の老僧は、今日も明日も、彌陀の佛恩を、本願力の尊さを、倦むことなく説いて居た。

崇敬の信徒は、この街の発展と軌を一つにして膨らんでいった。
明治39年、大谷光瑞門主御巡教の砌り、300余名の信徒は、初代藤本長藏を總代として別院昇格を申請して居る。鏤骨の功を嘉されてか、40年10月、本派本願寺帯広別院として御認可され、新しい出発の時を迎える。時に老僧66才。初代輪番脇谷諦了。その人であった。

年を閲して昭和5年。歴代輪番と檀家の悲願の結晶であった本堂が完成した。御垂示を戴いたのは大正15年、諸般の事情から、帯広市民は素より、遠く道北・道東の配下寺院の信徒も馳せ参じて、喜びを共にした落慶法要の日は昭和10年9月のことである。

6代輪番田中哲巌と總代藤本長藏竝びに直参門徒は、今尚、道東に冠たる法城の建立を果たしたが、残債の完遂に心を碎いた、藤本の功績も銘記されるべきであろう。
爾後、別院の機構は着々と整正されて行ったのであるが、昭和32年別院創立50周年法要。昭和38年親鸞聖人700回忌法要を、何れも勝如上人をお迎えして修行されて居るが、その記念事業として、浄華堂・対面所・庫裡の落成を見た。

降って昭和59年。恰も宗祖聖人御誕生800年・立教開宗750年慶讃法要を厳修するに当たり、即如上人の御親修を仰いだ記念事業は、近代設備に意を注いだ、明るい別院の顔として、光照・光真御門主の一字を戴き「照真閣」と命名され、多目的使用も可能で、同行衆以外の方々の要請にも応えられる様になった。本堂建立にも比肩すべき大事業であった。

他に別院の育成した、帯広幼稚園。鉄南・藤花・さくら保育園。ボーイスカウトがあり、地域社会に密着して、その教化活動は顕著な実績を挙げて居る。

草創より現在まで、別院史の根幹を概観する時、何時の世にも、不退転の本願力に帰依する、念佛者の心が息吐いて居ることを知る。

此からも世界に法の和を拡げるべく、未来に向って心の灯を、赫々と點し続けて行き度いと冀うものである。 合掌。


建物・施設紹介


【配置図】
配置図
【建物・施設】
照真閣 鐘楼堂

照真閣

鐘楼堂

   
本堂 親鸞聖人像
   
第一浄華堂 第二浄華堂

第一浄華堂

第二浄華堂

   
書院 東の間

書院

東の間

   
二の間 三の間

二の間

三の間

   
ふれあいの間 対面所

ふれあいルーム

対面所

   

仏前結婚式


仏前結婚式

※帯広別院では、雅楽の生演奏の中「仏前結婚式」を挙げることができます。ご相談下さい。

葬儀・年回忌法要会場のご案内


・別院の会場を使用した場合、本願寺派(西本願寺)の作法に準じた正しい仏具・荘厳(お飾り)で葬儀、法事を営むことが出来ます。

葬儀
写真:本願寺帯広別院 照真閣
葬儀
写真:本願寺帯広別院 照真閣


  法事のこころえ 法事とは、阿弥陀さまから恵まれた私のための尊い仏法聴聞の場です。
 
合掌の時には、手を合わせて「なもあみだぶつ(なまんだぶ)」と声に出してから礼拝をいたします。
経本や念珠は直に床に置かないでください。
法事は、施主やその家族だけで行うものではなく、参拝者も共に法事を営む一員ですので、決してお客さんはありません。
5分まえには、ろうそく、焼香、焼香用の種火の炭に火をつけましょう。(線香に焼香はしません)
リンは読経の時に使う仏具です。仏さまへの挨拶代わりに、叩くものではありません。
お斎(法事後の食事のもてなし)も大切な仏事の一部です。仏事にふさわしい振るまいを心がけましょう。
表書きは、寺院には「御布施」(寸志・経料などとは書きません)、「お車代」、「お斎代」と書きます。
お参りに行かれた場合は、「御香典」、「御仏前」と書きます。

浄土真宗本願寺派 本願寺帯広別院