お知らせ - 令和3年度 宗祖親鸞聖人報恩講について

令和3年度 宗祖親鸞聖人報恩講について

カテゴリ : 
お知らせ
 2021-11-2 16:29

宗祖親鸞聖人報恩講を本願寺帯広別院にて、下記の通りご執行いたします。

-------------準備日程-------------

大掃除・おみがき
11月 9日(火) 9:00〜 1時間程度

荘厳用立華作り
11月 9日(火)・10日(水) 9:00〜

仏青お供物作り
11月13日(土)19:00〜

-------------法要日程-------------

14日(日)
 6:30 晨 朝 正信偈和讃 行譜
      ご法話 後藤参勤
13:00 逮 夜 正信偈和讃 行譜
      御伝鈔 上巻拝読  桐林参勤
      ご法話 渡邉参勤

15日(月)
 6:30 晨 朝 正信偈和讃 行譜
      ご法話 松原参勤
10:00 日 中 正信念仏偈作法(楽入)
      ご法話 永田弘彰氏
13:00 大逮夜 大師影供作法(楽入)
      御伝鈔 下巻拝読  池上参勤
      ご法話 永田弘彰氏

16日(火)
 6:30 晨 朝 正信偈和讃 行譜
      ご法話 仲尾輪番
10:00 満日中 宗祖讃仰作法(音楽法要・楽入)
      ご法話 仲尾輪番

※御伝鈔拝読日程が、報恩講ご案内チラシ記載の日程から変更となっております。ご了承ください。

------------報恩講布教使------------

15日 日中・大逮夜法要引き続き
    清水町 真浄寺 永田 弘彰 師

-------------報恩講とは-------------

 親鸞聖人は今より約757年前の弘長2(1263)年1月16日(旧暦11月28日)京都にてご往生されました。
 親鸞聖人33回忌にあたり、本願寺第3代覚如上人は報恩感謝の思いから『報恩講私記(式)』として著され、はじめての報恩講をおつとめされました。以来、私たちは親鸞聖人のご命日に報恩講のご法要をおつとめさせていただいています。
 報恩講は、宗祖親鸞聖人のご遺徳を偲び、90年のご生涯を通して、阿弥陀如来のお救いをあらためて心に深く味わわせていただく大切なご法要です。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (810)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.betsuin.jp/modules/blog/tb.php/29
浄土真宗本願寺派 本願寺帯広別院